おくるみ手作りキット

ダブルガーゼを2枚合わせて作る、ふわふわのおくるみの手作りキットです。赤ちゃんのお肌にも優しいガーゼで、長く使えるおくるみを作りましょう。角は四角でも丸くカーブをとってもかわいいです。

おすすめ順  |  価格順  |  新着順
  • <
  • 1
  • >
  • « Prev
  • Next »
10商品中 1-10商品


布・生地の通販サイト:nunocoto fabric ◎商用利用可のデザイナーズファブリックが2,000種類以上!布・生地の通販サイト「nunocoto fabric」
おくるみってどうやって使うもの?という新米ママさんにもわかりやすく、おくるみの使い方、選び方をご紹介!

直線縫いだけだから簡単!便利で可愛いおくるみの作り方

おくるみってなあに?

おくるみは、赤ちゃんを迎えるにあたって、一枚は用意しておきたい必須アイテムです。
見た目はただの平たい布、なのですが、これがあると無いととでは、大きな差があります。
産後の入院中からすぐに使えるのも、おくるみの良さですね。

おくるみはいつ使うもの?


おくるみはどんなシーンで使うのでしょうか。
まずは赤ちゃんをくるんで使うのが一番の目的です。
産まれたての赤ちゃんはふにゃふにゃで抱っこしにくいため、布で一枚くるんであげるだけで、抱っこがしやすくなります。
赤ちゃんもふんわりと包まれる感覚が大好き。心がリラックスする効果もあります。


蒸し暑い季節なら、クーラーを消して薄着もしくは素肌におくるみで巻いてあげるのも気持ちがいいものです。
スヤスヤとたっぷり眠ってくれそうですね…!


それからおひるね時のブランケット・ガーゼケットとして使うのもおすすめです。
軽くて吸収性の高いダブルガーゼのような生地なら、いつでも快適におひるねができますよ。


また、お座りができるようになってきたら、プレイマットとしても使えます
自分だけのスペースができて赤ちゃんもごきげん♪
他にも、ベビーカーでお出かけするときのひざ掛けにしたり、お母さんの授乳時のケープ代わりにしたりと、さまざまなシーンで使えるのがおくるみの良さです。

おくるみはかんたんに手作りできる?

ひろげると大きなものなので、一見難しそうですが、基本的にスクエアもしくは長方形の布なので、とてもかんたんに作ることができます。
布を2枚合わせて周囲を縫い合わせるだけ。布端の処理もいりません。
もし作り方などが心配なら、必要材料がまるっと届くキットがおすすめ。


nunocotoの手作りおくるみキット
サイズを覚えておけば、好きな布で何枚も作ることができます。

【基本的なおくるみの作り方】 製作時間(ミシン):30分
1.布を裁断する
2.2枚の布を中表に重ね、間にフードを挟み込む
3.角をカットし、縫いしろを1兌茲辰銅囲を縫う
4.布を表に返す
5.周囲にステッチをかける

おくるみの手作りにおすすめの生地は?

nunocotoの手作りおくるみキットでも使用しているように、おくるみは赤ちゃんの肌に直接触れるものなので、優しい肌触りの天然素材、できればダブルガーゼが最適です。

ふわふわとした心地よさが、ベビーの心を落ち着かせてくれます。
天然素材は、洗う度に風合いが増して馴染んでいくのも嬉しいですね。

手作りのおくるみをうまく取り入れて、お母さんも赤ちゃんも楽しく快適な毎日が過ごせますように…!

>>> おくるみ手作りキット特集はこちら